Les sacs à la une

アルレッティ

 圧倒的な存在感を誇った往年の名女優アルレッティはきっぷのいい姉御肌。機知溢れるパリっ子の代名詞でした。

   バッグ「アルレッティ」にはなんと6つの内ポケット。あなたの人生と秘密のすべてを仕舞ってください。しっかりした形を保ちながら手触りはあくまでソフトで、脇に抱えれば柔らかく収まります。

 ファスナー開閉ですが、センターベルトのマグネットで閉めることもできます。

Voir la boutique en ligne

グム

 バッグ「グム」の一風変わった形は、ロシアの聖堂の丸いドームからのインスピレーション。名前はモスクワ「赤の広場」の有名なデパート「グム」にちなみました。

 「グム」の形はとてもエルゴノミック。脇にしっくり馴染みます。中央のファスナーを開ければバッグはざっくり二つに割れ、たっぷりと使いやすい収納スペースが現れます。

Voir la boutique en ligne

エクスプレス

 「エクスプレス」は、2018年10月にパリで開催された国際現代アート見本市FIACの機会にアメリカン・エキスプレスの特別招待客向けにデザインされ、ここからその名前が生まれました。

 一見シンプルな縦長のバッグながら、そのシックなラインの秘密はモカシンシューズの靴底と同じ手法で仕上げられたボトムにあります。ボトムを二つ折りにして、紙のショッピンバッグのように畳んでスーツケースにも入れられます。

Voir la boutique en ligne

トワネット

 組立てが特徴底なバゲット・タイプの小型ハンドバッグ「トワネット」。       

「トワネット」とは、フランス風の洗練と優雅さを体現した王妃アントワネットの愛称でもあり、アントワネットの語源となったギリシア語は「花で身を養う」を意味していました。

 「トワネット」はまさに、そうした繊細で軽やかな洗練に満ちたバッグです。

Voir la boutique en ligne

ボブール

 「ボブール」は現代美術の殿堂ポンピドゥー美術館の愛称。ポンピドゥー美術館の幾何学的なラインとボリューム感がこのバッグにも生きています。

 あくまで都会的なこのバッグは、そのすっきりしたシルエットでPCや書類、雑誌や本を持ち運びたい活動的な女性に最適です。オーソドックスな書類カバンを卒業したい男性のファンも。

Voir la boutique en ligne

Dognin